【安くておしゃれ】真夏のプランター・鉢の暑さ対策を紹介(遮光カバー)

パルどう@法人8期目 更新日:
【安くておしゃれ】真夏のプランター・鉢の暑さ対策を紹介(遮光カバー)

真夏のプランターの暑さ対策

プランターを遮熱・遮光しないと枯れる可能性が高くなる。
土の温度が高くなると終わりなので対策は必須。

いろいろ対策はありますが、自分の完璧な方法を紹介。

1、緑化テープで遮光する

プランターの暑さ対策 緑化テープで遮光する

緑化テープをプランターに巻く。

正式名称は何かわからない。害虫対策等で木の幹に巻くやつです。
「幹巻テープ」「園芸テープ」「幹当てテープ」という商品名であります。
自分はタカショーのやつを買いました。

サイズはいろいろあるので、プランターに合わせてください。
ホームセンターではあまり売っていないので通販が良い。

2、緑化テープの巻き方

プランターの暑さ対策 幹巻テープで巻く

プランターに二重に巻いて、麻紐で結んで固定する。

目が荒いため、遮光するためには二重に巻く必要があります。
完全な遮光ではないですが、十分な日陰になり通気性も抜群。

ただ巻いただけだとズレ落ちるので、最初はクリップ等で仮固定してください。
そして麻紐できつく縛ります。
「エンバスノット」など引けば締まる結び方がおすすめ。

プランターの形状によっては引っかかるところが無く落ちるかもしれません。
その場合はステンレスのクリップ等で固定してください。
固定できれば何でもOK。

3、ナメクジ対策にもなる!

プランターの暑さ対策 緑化テープはなめくじ対策にもなる

スカートのような感じになるので、ナメクジが登って来れない。

下から登ってきてもネズミ返しのような感じでブロック。
これをしてからナメクジ被害に遭ったことがありません。
これもあるので、少し地面から浮くような感じで巻くと良いです。

横長のプランターなどにも当然有効。
ただちょっと固定しにくい。
針金等で突き刺して固定すると楽です。

4、まとめ

プランターの真夏の暑さ対策 緑化テープで遮熱・遮光

緑化テープは安くておしゃれで完璧な暑さ対策!
ナメクジ対策にもなる!

見た目を気にしないのならアルミの断熱シートを貼るのが最強ですが、
さすがにガーデニングとして無理がある。
「葦簀(よしず)」は安くて良いですが、大きさの調整に難がある。

緑化テープはおしゃれで汎用性が高い。
簡単に切れるのでどんなサイズにも合わせられます。
是非皆さんもやってみてください!

💡チェック!
Amazon新生活SALE開催中!会場はこちら
大セール!Amazonで買うなら今
💡チェック!
Amazon表示されている方限定クーポン!
見ておきたい
ガーデニングの関連記事

記事一覧はこちら:ガーデニング

管理人について
パルどう
名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人8期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細

関連サイト
カテゴリー