賢くなりたい人はこの3つを意識して実践を

パルどう@法人7期目 更新日:2022/05/09
賢くなりたい人は この3つを意識
💡チェック!
Amazonタイムセール祭り開催中!会場はこちら
Amazonで買うなら今!27日まで

「賢さ」は全てにおいての最重要

賢い人は何をやっても成功するものです。
賢くなれば何やっても楽しんで稼ぐことができる。
人生を楽しむなら賢くなることをまず目指したい。

ではどうしたら賢い人になれるのか?
自分の経験から間違いない3つを紹介したい。

1、とにかく行動する

人生やってみないとわからないことだらけ

行動をすると失敗が付いてきます。
失敗とは未知の経験をしたということ。
反省を繰り返し成長することができる。
賢さとは失敗量の多さでもある。

賢い人は総じて活発に行動している。
何かしら新しいことをやれば数え切れない失敗をするものです。
これはどんな優秀な人も同じ。

何やっても成功する人は、昔にそれ以上に失敗している。
自分を守るスタイルではいつまで経っても馬鹿のままだろう。
ネットで偉そうに語っているだけではダメなのである。

2、なんでも好きになる

人間、好きと思わないと成長しない

好きなものは自然と覚えて上手くなります。
何でも好きになれる人は吸収量が多く、覚えるのも早い。
仕事ができる人は仕事が好きなものです。

賢い人は趣味が多い。なんでも好きになれるからです。
そのため仕事以外にも専門的な分野ができていく。
好きになった物事が多いほど行動も増え、失敗もしていく。

「あれは嫌、これは嫌。自分の好きなことで生きていく」
こんな考えの人は成功する確率は極めて低いだろう。
成功する人は「全部好きだけど、これが一番好きだからやる」だと思います。

3、人間の心理を知る

全ての物事の目的は人間の心を動かすことにある。

仕事でもなんでも目的は「他人の心を自分の思うように動かすこと」です。
いかにして相手を動かすか?賢い人はここを研究している。
素直にいろいろな考え方を吸収し、自分の知識としていく。

論理的思考はできて当たり前。
そこに人間の心理を加えて発言をしていく。
ここもたくさんの行動・失敗があってこそできることです。

一人で勉強して一人で賢くなった気持ちでいてはいけない。
相手の目を見て、相手を動かす。これが大事です。

まとめ

賢くなるのは大変

誰もが最初は馬鹿です。
馬鹿だけど行動しまくって、失敗して、また行動して賢くなっていくもの。
楽して賢くなろうなんて思ってはいけない。
打ちのめされるくらい辛い思いをしないと賢くなれません。

やってみないと気づかないことばかり。
新しいことをやると必ず失敗します。
とにかく行動して知らないことを知る努力をしたい。

ブログでもYouTubeでもいい。
やってみて自分の実力のなさを感じてみるといい。

まずは何でもいいので行動して現状把握をしてほしい。
行動すればするほど自分の愚かさを知り、やるべきことが見えてくるだろう。

💡チェック!
Amazonタイムセール祭り開催中!会場はこちら
Amazonで買うなら今!27日まで
著者

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人7期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細
自己啓発の関連記事

記事一覧はこちら:自己啓発

管理人について

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人7期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細

関連サイト