【使ってみた結果】エースジーンの3WAYビジネスバッグはこの2つがおすすめ

パルどう@法人7期目 更新日:2022/03/25
エースジーンの3WAYビジネスバッグ

エースジーンと言えば3WAY!

スーツにリュックはダサいと言われ続けていましたが、
このところはよく見るようになりました。
見た目を気にしないシチュエーションなら本当おすすめです。

そんなエースジーンの3WAYの選び方とおすすめを語りたい。
(お店等でもいろいろ使ってみました)

まずは比較一覧表

定価 サイズ 撥水 重量(g) 容量(L)
EVL-3.5 37400 A4 × 1,460 12(18)
EVL-3.5 38500 B4 × 1,570 13(24)
コンビライト 35200 B4 1,020 15
コンビライト 37400 B4 1,150 20
ホバーライト 15400 B4 × 640 16
ホバーライト クラシック 17600 A4 × 非公開 14
リテントリー 19800 A4 800 10
フレックスライト フィット 25300 B4 × 870 14
ディバイドリム 40700 A4 × 1,200 9

2021年12月時点の3WAYビジネスバッグのラインナップです。
エースジーンならこれらから選ぶことになる。

選び方1:B4サイズが絶対!

エースジーンの3WAYビジネスバッグはB4サイズがおすすめ

間違いなくB4サイズが良い

ファイルを余裕持って出し入れできるのがB4サイズです。
自分の経験上、B4じゃないと使い物にならない。
シリーズによってはB4しか無いですね。B4が主流です。

選び方2:できるだけ容量が大きいものを

エースジーンの3WAYビジネスバッグは容量20Lあるものがおすすめ

たくさん入れるから3WAYを買うのだ。

容量10Lくらいの小さなバッグでリュックは不要。
20Lにカタログをパンパンに詰めたらもうリュックじゃないときつい。
3WAYを買うなら大きなサイズじゃないと意味がないと思います。

選び方3:クッション性が良いものを

エースジーンの3WAYビジネスバッグはクッション性が良いものがおすすめ

肩掛け部・背面のクッション性にこだわりたい。

安物の3WAYはクッションが粗悪で痛いです。
ちゃんとリュックとしてもこだわりがある3WAYバッグが良い。
エースジーンはどれもこだわっていますが、やはりピンキリあります。

一番のおすすめはEVL-3.5

エース EVL-3.5

エースジーンの旗艦シリーズ

EVL-3.5は一番高性能で自信あるシリーズです。
唯一マチによるサイズ変更が可能で、最大で24Lになる。
それでいて普段は13Lサイズなのでコンパクト。

使っている素材もコーデュラバリスティックナイロンと最高級。
とても高い耐久性を誇ります。
TUMIやポーターの高級シリーズにも使っている高級素材ですね。

EVL-3.5は最大24Lサイズになるということもあり、
クッション性にとても優れています。

エースジーンの3WAYビジネスバッグEVL-3.5はクッション性が良くおすすめ

普段使いとしてはここがとても重要。

外観もハリがあって高級感がある。
しっかりした作りです。

難点はその分重量が重たいことですね…。
他のバッグより約1.5倍重たいのだけが難点です。
あと、高級シリーズなので値段もお高い。

次におすすめはコンビライト

エースジーン コンビライト 3WAY ビジネスバッグ

軽量シリーズの最高峰

キャッチフレーズが『「軽量」を超える、「軽快」性能へ」』と、
機動性を重視したシリーズです。
見た目もややカジュアルで、旅行用途としても想定されています。

個人的に一番の売りと思うのが「撥水性」。
リュックは雨に弱いので撥水は助かります。
EVL-3.5は撥水が無いのが残念。

難点はクッション性がいまいちな点です。
取っ手も肩掛け部もあまりこだわりを感じない。
ごく普通な仕様に見えます。

自転車通勤、普段使いとしても使いたい人はこちらが良いかもしれません。

まとめ

買うならEVL-3.5かコンビライトの二択。

他のシリーズは容量が少なすぎる。
リュックとしてもあまりこだわりを感じない。
特にやはりEVL-3.5は良いですね。

値段が高いのが難点ですが、3WAYバッグは良いものを買うことをおすすめします。

💡チェック!
Amazon表示されている方限定クーポン!
見ておきたい
著者

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人7期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細
ビジネスバッグの関連記事
ファションの関連記事

記事一覧はこちら:ファション

管理人について

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人7期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細

関連サイト