【この3つが現実】若く見られたい場合にやるべきこと【服装だけじゃ無駄】

パルどう@法人6期目 更新日:2021/11/08
若く見られたい場合

まだまだ若く見られたい…!!!!

40を超えたら若く見られたくなるもの。
しかし、「どう見てもおっさん」となる人が多い。

服とかファッションばかり語られがちですが、
そうではない要素も強い。というかそれが無いと無駄。

1、一番若く見られる要素は「細さ」

若く見られたい 体の細さが何より大事

痩せていないと若く見られるのはほぼ不可能。

おっさんがなぜおっさんくさいのか?
それはほぼ体型です。99%の人が細くない。
学生はやはり細い。見た目で差を感じてしまう。

若く見られたいなら、とにかく痩せる。
そしてぴったりな服を着る。これだけで全然違ってくる。
40超えてそんな人はなかなかいません。

痩せていて髪型も服もおしゃれだと、後ろ姿では年齢はわからない。
これは女性も同じですね。後ろ姿が20代なおばちゃんは多い。

2、尻のたるみ

若く見られたい お尻のたるみを無くす

おっさんは尻の位置が下がり、メリハリ無い体形になる。

鍛えてないとだんだんたるんできます。
これが後ろ姿で丸わかりです。
女性もここが残念なおばちゃんは多い。
違和感の正体はだいたい尻です。

筋トレしていないと全身がたるんでくるので、
若く見られたいのなら筋トレは必須。
尻なら走るのが一番良い。

ここだけは努力が必要。
余裕あればジムにはいった方がいい。

3、髪の毛の量

若く見られたいなら髪型をおしゃれにする

ハゲで若く見られるのには無理がある…

40を超えるとハゲになる人が多いのが現実。
若者とは明らかに髪の量が違い、おっさんの雰囲気を漂わせる。
こんなに頭皮が見える若者などいるか!と…

ここは女性も同じ。
髪の毛の量が少ないだけでおばちゃんに見える。

とはいえここは仕方がないので、
できるだけおしゃれな髪型をしたい。
諦めたら終わりな項目です。

俳優さんはおっさんでもおしゃれ。
おっさんこそ俳優を真似したい。

まとめ

服だけ若者を真似てもおしゃれなおっさんになるだけ

若く見えるよう服だけ意識している人がとても多い。
服よりその体型と見える頭皮をどうにかしろ、となる。
痩せるだけでもダメ。たるみを無くして痩せる。

…というところで、筋トレは流行りですね。
若いときから、できるだけ早くから鍛えてほしい。
おっさんになってわかる大事なことです。

うん、筋トレはいいぞ!と言いたかっただけ。

著者

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人6期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細
ファションの関連記事

記事一覧はこちら:ファション

管理人について

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人6期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細