20年やっててわかる「ブログで成功する人、失敗する人」の違い

パルどう@法人6期目 更新日:2021/07/30
ブログで成功する人、失敗する人

ブログで成功する人、失敗する人の違い

これは昔から変わらない考え方があります(と思う)。
最近、この基本から外れている人が多いので、
今一度自分の行動を見つめ直してみてほしい。

1、成功する人はネットに無い情報を書く

成功する人はネットに無い情報を書く

情報が無くて困っている人を助ける姿勢

なんで情報が無いんだ?俺が書く!というのがホームページの自然だった。
根本には「人の役に立ちたい」という気持ちです。
ここは昔からやっている人はわかってくれると思う。
辞典を作ったりと、なかなか画期的でしたよね。

で、そうしてネットに無い情報を書いていたら、
いつしか人気サイトになって、お金も稼げるようになっていた、と。
これはまさに自分です。稼ぐ気なんて無かったのに、いつしかガッポリ。
(稼ぐのが楽な時代だったとも言う)

ネットに存在しない無い情報を書きまくっていく。
これがアフィリエイトの原点であり、正攻法です。
そして難易度も低い。

困っている人を助けまくる。
これがブログで成功している人だと断言できる。

2、失敗する人のブログ

失敗する人のブログ

役立ちたいと思って書いていない人が多い気がする。

今は俺は凄いだったり、コピペのような情報まとめだったり、
ただAmazon紹介を目的にレビューを書いたり、バズ狙いだったり、
世の中の役に立っているとは言い難いやり方が目立つ。
全体的にうさんくさいというか、欲が見えるというか。

なんか違うとおっさんは思ってしまう。
困っている人を助けるのがアフィリエイトだと思うんです。
その対価としてお金を貰う。

もうすでに情報が出尽くしているというのもあると思うけど、
今は「個性を出す」みたいな感じにやる人が多い。
ここもまぁ悪くはないけど、難しいやり方だと思います。

やはり、基本の「無い情報を提供して役に立つ」が簡単です。
稼げていないなら、基本に帰ってみてほしい。

個性の勝負は賢い人以外失敗する。

3、成功したいならネットに無い情報を見つけること

成功したいならネットに無い情報を見つけること

ネットは情報が偏りすぎている

あるやつはメッチャあるけど、無いやつは全く無い。
学生や専業主婦でも書ける内容は腐るほどあるけど、
専門的な分野の情報はまだまだ少ないです。

そういう無い情報はサジェストに困り度が見える。
いろいろなキーワードで検索するも、全く無い。
アフィリエイターが狙うのはこういったキーワードです。

この記事に書いたサイトもまさにそれです。
やっぱり稼げる。ネットに答えが無く需要があるのだから当然。
やる前から成功するのが確定している。

誰もが何かしら自分が得意な分野はあるだろう。
「これは俺が書ける」と、いろいろ見つかるはず。
まずはそういったところから攻めてみてほしい。

情報があるように見えて無いジャンルも多いです。
「いかがでしたか?」が1位になっているようなキーワードは狙い目。

まとめ

たくさん感謝をもらって、たくさん稼ごう

根本的には「役に立つ」の気持ちは絶対に要る

これはどの商売においても変わらないと思います。
Youtubeで稼ぐにしても自己満足ではいけない。
どういうユーザーをターゲットにして、どう役に立つか?
ここを常に考えて記事や動画を作っていきたい。

いかに誰よりも役に立つか?
それがSEOでもあるし、本当にそれを実現できたら自然に成功しているだろう。

※幸せの形はいろいろあることを忘れずに

関連記事
管理人について

名前:パルどう
WEBサイトを作り続けて20年以上…
法人6期目。必死に仕事中…