パルどう.com マガジン まともな情報を提供するメディア

【法人アフィリエイターが語る】アフィリエイト・SEOにおける記事の書き方

パルどう@法人7期目 更新日:
【法人アフィリエイターが語る】アフィリエイト・SEOにおける記事の書き方
💡チェック!
Amazon表示されている方限定クーポン!
見ておきたい

アフィリエイトにおける記事の書き方はどうするのがいいか?

アフィリエイトは独自な世界ですね。
記事の書き方も普通とは違ってきます。

そんなところで、自分の経験的なところから語りたい。

1、まずは回答をする

検索キーワードに対する回答をする

検索キーワードに対する回答をするのが最初

検索しているユーザーは答えを知りたくてたまりません。
一刻も早く回答を与えてすっきりさせないと次に進めない。
ようは「最初に結論」的な書き方です。

回答(結論)に至るまでの前置きが長い人が多いですが、
アフィリエイトにおいては最悪だと思います。
答えを探しているユーザーはそんなの読まない。

まずは回答。それから補足や広告です。

2、次なる疑問を与える

次なる疑問を与える

一つ解決しても、また次に疑問が出るもの。

これがおすすめだとわかった。
しかし、他に本当に何もないの?最新情報なの?と。
そんな次に生じるだろう疑問を想定し、疑問と回答を書いていく。

記事の目的は「広告をクリックして申し込んでもらう」です。
完全に疑問が無くなった状態じゃないと申し込みなどしない。
同じ記事内に書いてもいいし、関連記事として誘導してもいい。

この記事(サイト)で完結!な記事が理想です。

3、できるだけ画像で解説

できるだけ画像で解説

文章など誰も読まないと思っていい。

例えば、おすすめの道具を探している時、
いちいち文章なんて読みません。
パ~っとスクロールして、商品画像があったら止まる。
気になったら説明文章を読む、と。

新聞でも雑誌でも、自然とその行動になっているはずです。
だから、目に留まる画像を貼付するのが必須。
商品画像よりも、解説図、雑誌のようなワクワクする図。

文章は画像の補足説明と思って書きたい。

まとめ

検索キーワードの心理に沿った書き方を。

キーワードによって違ってくるところです。
くそマニアックな情報を探している人なら文章だけでも問題ない。
逆に軽い気持ちで調べているだけだと文章など読みません。

ちゃんと意味がある書き方をする、ですね。
どうしてこの順番?を説明できるようにしないといけない。
企業のLPなんかは計算され尽くしているので参考になります。

書き方一つで大きく売り上げが変わってくるし、SEOでも違ってくる。
せっかくの記事。100%生かそう。

※いかに相手の心を自分の思う通りに動かすか?のプレゼンです。

💡チェック!
Amazon表示されている方限定クーポン!
見ておきたい
SEOの関連記事
Amazon関連
WEB制作の関連記事

記事一覧はこちら:WEB制作

管理人について
パルどう
名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人7期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細

関連サイト
  • doudonn
    プログラミング関連の記事
カテゴリー