【2022年4月時点】今のSEOで大事な”BIG3″を解説する

パルどう@法人7期目 更新日:2022/04/30
今のSEOで大事な"BIG3"
💡チェック!
Amazonタイムセール祭り開催中!会場はこちら
Amazonで買うなら今!27日まで

2022年もSEOは進化している

また去年とは少し変わってきたよう感じます。
今現在のSEOについて大事な点を3つ挙げます。

※全部推測なので注意

1、リピーター率

同じ人が何度も訪れるサイトは強くなる。

2回も見るということは絶対に悪くはない。
というのを確信したのか、Googleはここを重要視しています。
公式HPなんかはまさにそうですね。絶対に何回も見る。

これにより記事タイトルで釣るクソなサイトは弱くなった。
ハッキングサイト対策でもあると思います。
逆に公式HPが強くなりすぎている。

今はリピーターを意識したサイト・記事内容にする必要がある。
使いやすい一覧・比較表はほぼ必須。
見つけにくいサイトへのリンク一覧も大事。

トップページにリピーターが多いとより強くなる気がします。
常連さんを増やすサイト設計というのも大事。

2、クリック率

記事タイトルで釣るのはやはり大事

魅力的な記事タイトルを付けると上位表示します。
それでリピーターが多かったら1位となる。
記事タイトルが良くないと始まらないのが今のSEO。

ただ、今はこれが当たり前なので差別化が大事となる。
逆に日記風なタイトルにした方が良かったりも。
いろいろとやってみて、好調な記事の特徴を調べてみると良い。

最近はブランド力も大事だなと感じています。
例えば「Wiki」と付いていると強い。
安心してクリックするのだと思う。

3、子供向け

ユーザーの低年齢化が進む

Googleはユーザーの疑問を1ページ目で解決させたい。
今のユーザーは子供が多いので、必然的に子供が満足する内容が求められる。
クソみたいなランキングサイトが上位にいるのは、そのためであろう。
子供はあんなのが好きだと思う。簡単に信じる。

ユーザーの低レベル化でもある。
まともな社会人向けは受け入れられない時代と感じる。
ユーザーはクソ馬鹿な高校生と思って記事を作りたい。

検索結果にクソ記事しか無い原因はこれだと考えています。

最後に

被リンクはほとんど要らない

最初の立ち上げにはあると便利ですが、
立ち上がってしまえば完全に不要と感じます。
1ページ目になるとユーザー評価が良くないと上がらない。

今はとにかく子供が見てもワクワクするようなサイトを。
これを意識すればSEOは成功すると思います。
子供ばかりのTwitterに投稿して拡散されるようなイメージを。

だんだんとまともではなくなっていく。
昔のようにただ良い情報を書きたい人のサイトが強くならない。
有益なサイトは完全に埋もれています。

デザイン勝負の時代でもある。
SEOとはデザインなのだ。

💡チェック!
Amazonタイムセール祭り開催中!会場はこちら
Amazonで買うなら今!27日まで
著者

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人7期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細
WEB制作の関連記事

記事一覧はこちら:WEB制作

管理人について

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人7期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細

関連サイト