ブログがオワコンな理由と、まだ稼げる理由の話をしよう

パルどう@法人6期目 更新日:2021/07/24
ブログはオワコンなのか?

ブログはオワコンなのか?

結論的にはオワコンだと思っています。
ただ、稼げるか稼げないか?となると、まだ稼げる。
ここはどのアフィリエイターも総意だと思う。

そのあたりの話を。

1、エンタメとしてのブログは終わり

エンタメのブログはまとめサイトくらいしか需要が無い。

今どき、インターネットでのエンタメはYoutubeです。
特に若者はyoutuobeかゲームで、ブログなど眼中にない。
今ブログを見ているのも作ってるのもおっさんだけです。
あとは情報商材に騙された人とか、稼ぐことが目的の若者達。

そして、エンタメ系ブログのメリットはpvが稼げることでしたが、
広告ブロッカーの普及にてクリック型広告は壊滅的状況。
アドセンスなんて貼ってもほとんど稼げません。
2000pvで100円くらいです。

芸能系のニュースなんかはまだ女性に人気あるよう思えますが、
もう復活することはないオワコンジャンルなのは間違いない。

2、ネットで稼ぐなら情報サイト

調べ物としての検索は変わらず需要がある。

製品情報を調べるのにYoutubeで検索はしないだろう。
ググってメーカーHPやニュースサイトを見ます。
どれを買えばいいか?もまだWEBサイトが強い。

この手のサイトの稼ぎ方はAmazonアソシエイトや楽天アフィリエイト等です。
今、生き残っているのはほぼAmazonアソシエイトなサイトだと思います。
企業もAmazonリンク付きの記事を量産しています。

1個売れたら1000円といった商品を紹介するのが美味しい。
そんな商品を購入するユーザーをいかに多く集めるか?が勝負どころ。
ブログで稼げるか稼げないかはそこにかかっています。

3、有名ブロガーの手法

こうしたら稼げるよ!と煽って稼ぐのが人気ブロガーの手法

「ブログは稼げる!」「まだいける!」「まだオワコンじゃない!」
と初心者を煽ってブログをさせようとする。
ASP、サーバー、ドメインとアフィリエイトリンクを踏ましてウハウハです。
一人あたり5000円は稼げるだろう。

それで「月収7桁!俺は凄いブロガーだ!」というのが実体だと思う。

これは投資系のサイトなんかでも同じですね。
嘘で固めて「稼いでいる人」を演じて、初心者を騙す。
騙して口座開設させたら1万円GET!という簡単なお仕事。

まぁ、こんなあくどい手法だとまだ稼げるかなと思います。
ついでに有料記事(全部嘘の内容)も出しちゃうぞ!と。

4、真面目に稼ぐなら

まだネットに無い情報を書くことです。

何でもありそうに見えて、まだ無いものは多い。
特に職人系など仕事してないと書けないやつに多いですね。
そのあたりはまだまだチャンスがあります。

何の知識もない人間であれば、ちょっと難しくなる。
ネットで調べて情報を整理してブログに書いただけでは弱い。
実際に購入してレビューしている人には勝てません。

月に数万円程度なら情報まとめでもいけると思いますが、
数十万円となるとオリジナルコンテンツが必須です。
1位になれたとしても、いずれ負けるのが目に見えている。

そして、ここを自分で考えて見つけきる力がないと稼げない。
ブログで稼ぐのは一発屋じゃダメなんです。
継続して稼げるアイデアを出し続ける力が必要。

戦略とか、計画とか立てられる人はまだ稼げるはず。

--

ネットはどうしても早いもの勝ちなところがある。
どうやっても勝てないキーワードがあります。
だから、1日でも早く勝てるキーワードで勝負すること。

ひたすらそれを毎日繰り返す。
それができたら稼げるのがブログかなと思います。

関連記事
管理人について

名前:パルどう
WEBサイトを作り続けて20年以上…
法人6期目。必死に仕事中…