古いバスタオルは買い替えした方がいいぞという話

パルどう@法人6期目 更新日:2021/10/20
バスタオルの買い替え

バスタオルを買い替えしていない人が多すぎる件

劣化しても永遠に使えてしまうのがタオル。
破れてどうしようもなくなった時に捨てる人が多いと思います。

1、古いバスタオルはほこりがたくさん出る

古いバスタオルはほこりがたくさん出る

生地が劣化してぼろぼろと剥がれ落ちる。

ほこりの主要因となるのはタオル。
劣化するほどひどくなり、部屋が埃まみれになる。
ほこりに悩んでいるならタオルを疑ってみてください。

ホコリだけでなく、洗濯機の中でも繊維が飛び散ります。
他の衣類に付着し、それがまたホコリになる。

とにかく古いバスタオルは良いことが何もない。
捨てるのはもったいないですが、雑巾にして買い替えよう。

2、雑菌が飛び散る

バスタオルは雑菌が飛び散る

濡れたまま長時間放置するので雑菌がものすごい。
その雑菌がついた繊維が飛び散る。

使用後に洗濯かごに入れる。
そうすると乾燥しないので雑菌が増え続けます。
これを何年も繰り返しているので、それはもう雑菌まみれ。

その雑菌まみれの繊維が飛び散るので、とても良くないです。
前述した通り古いタオルはホコリが凄い。
雑菌の繁殖を防ぐのは難しいため、劣化したら買い替えするようしたいところです。

3、カビも飛び散る

古いバスタオルはカビだらけ

古いタオルはカビを吸うのと同じ。

古いタオルはだんだんカビが増えていきます。
漂白剤でもなかなか白くならず、おおよそピンク色になっていく。
雑菌と同じで部屋に飛び散り、カビを量産することになります。

こちらもカビを防ぐのは厳しいので、
繊維を飛散させないことが重要になります。
古いタオルのほこりは危険なので買い替えよう。

まとめ

洗濯機の糸くずの原因:古いタオル

古いバスタオルは毒と思っていいレベル。

雑菌、カビまみれの繊維が飛び散り、吸うことになります。
漂白剤等での殺菌処理でマシにはできますが、
やはりホコリを出さないことが一番大事。
新品のタオルは繊維が飛び散りにくいので、ほこりの飛散量はとても少ないです。

ほこりが出にくいタオルについてはこちらに書いています。
是非見てみてください。

【これで解決した!】洗濯機の糸くず対策はやはりタオルだった…

生活全般の関連記事

記事一覧はこちら:生活全般

管理人について

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人6期目。必死に仕事中…