【リスクはあるけど最強】臭い靴を完全に消臭するたった一つの方法

パルどう@法人6期目 更新日:2021/10/28
臭い靴を完全に消臭する

靴が臭い!

冬は通気性の悪い靴を履くので、
脱いだ時の臭いがきつく気にする人が多い。

そんな冬の靴の臭い対策の話。

1、消臭スプレーなどは無意味

臭い靴に消臭スプレーは無駄(効果なし)

消臭剤でどうにかできるレベルじゃない。

自分もいろいろ使ってきましたが、効果無しと判断。
ただ、新品の靴に使うのは良いかなと思います。
雑菌だらけになってしまったら防げない。

臭いの元を無くさないと解決しません。
したがって、殺菌しか方法は無い。

2、殺菌消臭の方法

浸け置き洗いは60℃のお湯で

漂白剤の浸け置き洗いは発泡スチロールボックスに浸ける

60℃のお湯に漂白剤を入れて1時間浸ける。

靴が痛みますが、消臭の方が大事。
やってはいけない洗濯方法ですが、壊れはしません。
間違いなく劣化はしますが、消臭優先。

もちろん下敷きだけでなく靴ごと浸けます。
浸ける入れ物は発泡スチロールボックス。
60℃近い温度をキープしないといけないので、これしか選択肢はありません。
浮かばないように重りもなにか用意しよう。

30Lタイプならおおよそ靴が入ります。
ホームセンターに売っているので買おう。
普通の洗濯の浸け置き洗い容器としても最適です。

3、靴の漂白剤はどれがおすすめか?

粉タイプの漂白剤がおすすめです。

これで十分に消臭できています。
当然、臭いTシャツも60℃浸け起きでバッチリ消臭できる。
我が家の基本となる漂白剤です。

これじゃなくても効果はあると思います。
大事なのは「60℃で浸け置き」。
ほぼ新品に近く消臭できる。

最後に

下敷きだけでも頻繁に消臭しよう。

やはり一番臭いのは下敷きです。
そして靴下も臭いですね。
どちらも週に一度は60℃漂白剤浸け置きにすると良い。

新品の靴は臭くならないはずです。
汚れが付いたり雑菌が繁殖しない限りは臭いはほぼ気にならない。
そのため、消臭スプレー等は毎日使い、発生を抑える目的で使います。
すると確実に無臭が長持ちする。

臭いがするのは日頃のケア不足。
臭い靴は周りの人に迷惑がかかるので、しっかり消臭していこう。

著者

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人6期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細
生活全般の関連記事

記事一覧はこちら:生活全般

管理人について

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人6期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細