【騙されない】ステンレスの全面多層鍋の正しい選び方の話 #おすすめブランド

パルどう@料理歴20年 更新日:2022/03/23
ステンレスの全面多層鍋

ステンレスの全面多層鍋はいいぞ

これは良い。おすすめできる。
煮物が楽しくなるので良いやつを持っておこう。

ではどれが良いのか?をいろいろ比較しながら解説します。

1、ステンレス多層鍋一覧比較表

メーカー名 ブランド名 層の数 中間層の材質 生産国
ビタクラフト ウルトラカパー 9 アルミ アメリカ
ビタクラフト ヘキサプライ 6 アルミ アメリカ
ビタクラフト Sシリーズ 7 アルミ ベトナム
ビタクラフト スーパーネセント 5 アルミ アメリカ
ビタクラフト アリゾナ 5 アルミ ベトナム
ビタクラフト オレゴン 5 アルミ ベトナム
宮﨑製作所 ジオ・プロダクト 7 アルミ 日本
宮﨑製作所 オブジェ 3 日本
Demeyere インテンス 5 アルミ ベルギー
デバイヤー AFFINITY 5 アルミ フランス
デバイヤー ALCHIMY 3 フランス
ヨシカワ シルバー ブランシェ 3 日本
無印良品 3 アルミ 中国
CRISTEL 3 アルミ フランス
トラモンティーナ キャセロール 3 アルミ ブラジル
和平フレイズ 3 日本
高儀 3 日本
ベストコ ルナ・クラリス 3 日本

2、解説

ビタクラフト ウルトラカパー

ビタクラフト ウルトラカパー

ステンレス多層鍋と言えばやはり「ビタクラフト」

多層構造鍋の元祖ですね。
昔から有名でずっと人気があります。
層の多さは圧倒的。高い技術力を誇ります。

次に多いのは日本の「宮﨑製作所」。
ビタクラフトを意識して作られた「ジオ・プロダクト」が7層と強い。
蓋も密閉性があり、ビタクラフトに似ています。
その他のメーカーは特に選ぶ必要はないかと思います。

中間層の材質は「アルミ」が良いです。

「鉄」を使っているやつは3層だけど低性能です。
鉄はステンレスの約4倍の熱伝導率しかなく、アルミの約15倍には全く勝てない。
多層構造の鍋は必ずアルミを選んでください。
ビタクラフトは銅を使っているものもあります。

3、層が多いほど良い

5層以上のものを選びたい。
3層はいまいちです。

自分はビタクラフトの11層を使っています。
3層のやつも時々使っているのですが、全然違います。
単層の鍋とあんまり変わらない。使っていて楽しくないです。

層が多いほど性能が良いというのが基本。
どのメーカーも高級品は層が多いです。
そのため、最低でも5層以上のものを選びたい。

お値段も安くどこでも買えるとなると、「ビタクラフト」か「ジオ・プロダクト」ですね。
この二つなら通販で安く売っています。

4、おすすめのステンレス全面多層鍋

コスパの良さで見ると「ジオ・プロダクト」。

高品質で選ぶなら「ビタクラフト ウルトラカパー」。

5層で安いのが良いなら「ビタクラフト アリゾナ」。

この3つのどれかで良いかと思います。
ブランド物として「ビタクラフト」は満足感はあります。
値段が全然違いますが、最高級シリーズは一度は検討してみたい。
自分も使っていますが最高です。

5、まとめ

5層以上のものを選ぼう。
多層構造の鍋は沸騰の仕方が全然違う。

全体的に温まるので焦げにくいです。
弱火でもちゃんと全面が沸騰する。
じっくり煮込む調理はこれじゃないとできない。
特に大きな鍋ほど多層構造が必要になります。

すぐに焦げる安物から卒業を。
ビタクラフトはおすすめです。

💡チェック!
Amazon表示されている方限定クーポン!
見ておきたい
著者

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人7期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細
ジオ・プロダクト,ビタクラフトの関連記事
料理・食事の関連記事

記事一覧はこちら:料理・食事

管理人について

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人7期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細

Twitterはこちら
関連サイト