【比較】多層構造のステンレスフライパン一覧とおすすめの話 #選び方

パルどう@料理歴20年 更新日:2022/04/26
多層構造のステンレスフライパン

多層構造のステンレスフライパン

ステンレスの弱点である熱伝導率の悪さを補ったものです。
美しく高性能。ソースを作ったりと煮込みに最適です。

どんなメーカー・種類があるのかを一覧にしました。

比較一覧表

メーカー名 シリーズ名 層数
ビタクラフト ウルトラカパー 9
ビタクラフト ヘキサプライ 6
ビタクラフト アリゾナ 5
ビタクラフト コロラド 5
宮﨑製作所 ジオ・プロダクト 7
デバイヤー アフィニティ 5
Demeyere プロライン 7
Demeyere Industry 5
遠藤商事 トリノ 3
遠藤商事 ムラノ 3
トラモンティーナ グラーノ 3
KIPROSTAR 3

ステンレス多層構造フライパンとなると、
おおよそこれらのメーカーになります。

買うなら5層以上なので、それらのみ解説します。

1、ビタクラフト

ビタクラフト ウルトラカパー フライパン

ステンレス多層構造の元祖。

高級品から廉価品まで揃っています。
多層構造の鍋を選ぶなら必ず候補に上がるブランドです。
最低でも5層なのに値段は安い。

「ウルトラカパー」は9層と現時点はおそらく最高。
良いやつが欲しいならこれです。ハンドルも取れる。
通販ではあまり売っておらず、公式通販かデパート等で買うことになる。

廉価品なら「アリゾナ」が使いやすくて安い。
ただ、高級品はアメリカ製に対し、アリゾナ・コロラドはベトナム製となります。

Amazonでビタクラフトのフライパンを見る
楽天市場でビタクラフトのフライパンを見る

2、宮﨑製作所「ジオ・プロダクト」

日本製で人気の多層構造鍋ブランド。

「ジオ・プロダクト」はビタクラフトに近い存在です。
7層でありながら、値段もそこそこ安い。
ビタクラフトにこだわりが無いのであれば、これがコスパ良い。

5層以上の日本製となると、ほぼこれしかありません。
評判は抜群に良い。

一番大きいやつでも25cmしかないのが残念。

3、デバイヤー

フランスの大手調理器具メーカー。

日本では鉄のフライパンが人気ですが、
ステンレスのフライパンも豊富に揃っています。
中でも「AFFINITY(アフィニティ)」は5層の最高級品。
選ぶならこれがいい。

さすがフランス。メチャクチャおしゃれ。
見た目で選ぶならこれだろう。
サイズも豊富にあります。

4、Demeyere(デメイエレ)

ベルギーの老舗ステンレス調理器具メーカー。

現在は「ツヴィリング・J.A.・ヘンケルス」に買収されています。
プロ向けの高級品でもあるので、値段は高い。
独自の表面処理で、美しさを保つのが売りです。

こちらも大きなサイズがあります。

以上です

多層構造のステンレスフライパンを選ぶならこの4メーカーを。

テフロンとは違い一生使うものになるので、
できれば良いやつを購入したい。
ビタクラフトとジオ・プロダクトは蓋付で安くて良いですね。

デバイヤーとデメイエレはおしゃれですが、かなりお高い。
蓋も別途買わないといけません。
ただ、揃えた時の満足感は半端ないと思う。

3層は個人的におすすめできません。
使っても普通のやつとそう変わらない。

--

万人におすすめとなると
27cmのビタクラフトのアリゾナかな…。
大きい・実績あり・ビタクラフト!

--

以上、「【比較】多層構造のステンレスフライパン一覧とおすすめの話」でした。

💡チェック!
Amazon表示されている方限定クーポン!
見ておきたい
著者

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人7期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細
フライパンの関連記事
料理・食事の関連記事

記事一覧はこちら:料理・食事

管理人について

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人7期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細

Twitterはこちら
関連サイト