【判断基準】包丁を研ぐか買い替えするか?の話

パルどう@料理歴20年 更新日:2021/10/20
包丁を研ぐか 買い替えか

包丁を研ぐが買い替えするか

素人の場合はけっこう悩むことです。
どういう時に買い替えするのが良いか?を語りたい。

※自分も素人ですが、一応少し料理人修行として働いていた

1、正しい形かどうか

包丁は下手な研ぎ方だと形が歪になる

下手な研ぎ方だと、形が歪になる。

均一に研げていないと、凹んだ形になってしまう。
こうなるともはや素人では元通りの形にできないので買い替えです。
頑張るだけ無駄です。変に研ぐと今度は砥石がダメになる。

3日に一度くらい研いでいると歪にはなりにくいのですが、
放置して「研ぐぞ!」と気合いれると歪になりやすい。
自分も最初はそうなりました…

2、大きく欠けている

包丁は大きく欠けたら買い替え
※これも初心者の頃に買った時やつで、形が歪に

欠けたらもう買い替えがいい。

ちゃんとした使い方をしていたらそうそう欠けることはないのですが、
カボチャの皮をひねって切ったりするとすぐ欠けます。
妻に貸すと見事にぼろぼろにした…

ちょっとの欠けても研ぐの大変です。
元の形の通り全体を研がないといけないので、地獄のような作業。
よほど高価な包丁でない限り、買い替えをおすすめします。

3、ハンドル部の割れなど

ハンドル部が割れた包丁は買い替え

欠けたり割れたりしたハンドルは危ない。

木製のハンドルだと、長く使っていると欠けることがあります。
それがまた危ない。怪我をしてしまうので使わないようにしてください。
食洗器で洗うとすぐ欠けますね。。(やってはいけない)

衛生上の問題もあるので、素直に買い替えよう。

切れなくなって買い替えは無い

ただ切れないだけであれば、研いで使い続けます。
どんな安物包丁も研げば切れるようになる。

高価な包丁を使っても、研げなければ意味が無い。
切れなくなるのは当たり前なので、それで買い替えなどありえない。
新品の方が切れません。研いだ方が切れる。

ではどうやって研ぐか?ですが、素人は「包丁研ぎ器」を使うのが無難。
砥石は下手に使うと余計切れなくなりますし、形が歪になる原因にもなります。
素直に包丁研ぎ器を使うのが良い。

良い包丁に買い替えしたい場合

本格を目指すなら鋼の包丁を。
ステンレス包丁なら定価1万円レベルを。

切れ味を求めるなら鋼しかありえない。
切れすぎて怖くなるレベルです。
ただやはり、上にある中華包丁のようにすぐサビるので管理は面倒くさいです。
鋼であれば安くてもよく切れるので、そう高いものは必要ありません。
町の鍛冶屋さんが作ってるやつが安くて良かったりします。

ステンレスは安物はいまいち。
変に研がない限りは長く使えるので、良いやつを買いましょう。
藤次郎というブランドが人気ありますね。

詳しくはこちらの記事を見てください。

【買うならこれ】食洗器対応の高級包丁ブランドを4つ紹介

料理・食事の関連記事

記事一覧はこちら:料理・食事

管理人について

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人6期目。必死に仕事中…