【あるある】一人暮らしにおすすめの包丁と何本要るか?の話

パルどう@料理歴20年 更新日:2021/10/20
一人暮らしに おすすめの包丁

一人暮らしにおすすめの包丁は?何本あればいいか?

「これからは自炊だ!」という時に出る疑問です。
一人、二人、家族と料理を続けてきた自分の経験から語りたい。

1、やっぱり2本は要る

2本要ると考える理由は下記。

・肉を切った後に使う場合、洗うのが面倒。
・彼女が来たときにいっしょに料理できる。
・だいたい後片付けせず寝てしまう

2本あると便利なのは間違いない。
料理後に果物を切る時なんかは2本目の包丁を使うと楽。
いちいち洗っていられない。まな板も2枚持っておこう。

そして、ついつい洗うのをサボってしまうものです。
そんな時、2本目の包丁とまな板があればまたサボれる。
多分、これが一番「あって良かった」と思えるところになるだろう。

あとはやはり、彼女や友人が来た時に良いですね。
みんなで協力して料理ができるのは楽しいものです。
実際、よくやっていた。

包丁なんてそう高いものではないので、2本は持っておこう。
ちゃんと研げば10年以上は使えるので損にはならない。

2、買うならどんな包丁の種類が良いか?

一人暮らしにおすすめの包丁は三徳包丁とペティナイフ

1本目は大きめの3000円くらいの三徳包丁。
二本目はペティナイフ(果物ナイフ)がおすすめ。

彼女が使うことを考えれば2本とも三徳包丁が良いですが、
総合的に見るとペティナイフが良いかと思います。
リンゴの皮も三徳包丁で十分ではありますが、同じ包丁を持つのは楽しくない。

三徳包丁と言っても大きさ等いろいろ違いがあるので、
できるだけ大きくて刃が厚いやつを買うことをおすすめします。
3000円レベルだと間違いない。1000円のやつは止めたほうがいい。

材質は当然ながらステンレスがおすすめです。

3、包丁研ぎ器も忘れずに

包丁は研がないとダメ絶対。

研いでない包丁を見れば料理好きではないとわかる。
彼女が見たら振られるかもしれない。
大変危険なので包丁は毎週研ぐようにしよう。
というより、どんな高級な包丁も研がないとゴミになる。

もちろん砥石を使うのが良いのですが、
素人には難しく、本格的にやるつもりが無い限りおすすめできない。
今は性能が良い研ぎ器がたくさんあるので、それを使おう。
抜群に切れるようにはならないですが、十分な切れ味になります。
切れ味が悪くなってから研ぐのではなく、定期的に研いでください。

ということで、セットになっているのが良いですね。
3000円くらいの包丁はだいたいセットの方が安かったりします。
スタンダードなタイプがおすすめです。

ヘンケルスは悪くない。自分も持ってますが十分切れます。
それでいて癖のない形状なので後悔することは無いだろう。

一人暮らしの包丁選びならこのセットを強くおすすめします。

料理・食事の関連記事

記事一覧はこちら:料理・食事

管理人について

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人6期目。必死に仕事中…