【騙されるな】臭くならない靴下の罠。正しい臭い対策を語る

パルどう@法人6期目 更新日:2021/10/28
臭くならない靴下の罠

臭くならない靴下など無い

靴下の消臭は間違った情報が多い。
間違った検証を信じてはいけない。

衣類の臭い対策はただ一つです。

1、そもそも新品は臭くならない

新品の靴下は臭くならない

臭くなるのは雑菌の大量繁殖が原因。
新品の靴下は1日履いても臭くなることは無い。

靴下でもシャツでも臭くなるのは雑菌が多量に繁殖し、水分等を与えたことが原因です。
新品の靴下が1日程度で雑菌まみれになることはなく、臭くなりません。
臭くなったとしたら、それは靴の臭いが移っています。

試しに新品の靴と新品の靴下で過ごしてみてください。
全く臭くならないはずです。

したがって、「この靴下は臭くならなかった!」という口コミは疑おう。
1回目はどの靴下でも臭くなりません。

2、洗剤では完全に殺菌などできない

洗剤では靴下の雑菌を殺菌することはできない

雑菌の生命力は恐ろしく強い。

様々な除菌洗剤等がありますが、見事に効果は低いです。
やらないよりかはマシかな?というレベルで、やはり臭くはなる。
除菌を謳う靴下も気休め程度。全然ダメです。

消臭素材の靴下はほとんど効果無い

雑菌まみれになると臭くなるので長持ちしない。

そのため、消臭するには殺菌しなくてはなりません。
殺菌さえすれば、新品のように全く臭わなくなります。

除菌ではなく臭いを消す素材での消臭を謳う靴下もありますが、
末期レベルに雑菌が繁殖して臭くなると効果は無い。
したがって、臭さに悩む重度の人は殺菌するしか道はありません。

(自分は臭い人間です…)

3、殺菌方法

浸け置き洗いは60℃のお湯で

漂白剤の浸け置き洗いは発泡スチロールボックスに浸ける

60℃のお湯に漂白剤を入れて2時間放置。

いつも言っていることですが、これがベストな殺菌方法。
靴下も靴も漬け込もう。新品のような無臭になります。
だいたい3回くらい着用すると臭くなるので、月に一度はまとめてやりたい。
浸ける容器は発泡スチロールボックスです。

そのため、漂白剤を使える素材の靴下が良いです。
消臭を謳う靴下は漂白剤に対応していないことが多いので注意。
普通の安い靴下が一番。

20足くらい買ってローテーションしよう。
これが一番の臭い対策です。

もちろん、強敵は靴です。シューズです。
基本的に漂白剤はNGですが、消臭が優先。浸けよう。
また、靴もやはりローテーションするのが良い。

臭いを気にしているのに2足しかない?それはいけない。
10足くらい順番に履くべし。

まとめ

漂白剤での消臭&ローテーションが基本。

新品の靴と靴下で1日過ごしてみてください。
それで臭いが気にならなかったら、それが答えです。

わざわざお高い消臭衣類を買う必要はありません。
安い靴下を20足くらいローテーション。
月に一度は漂白剤で完全消臭。

自分も消臭機能がある靴下を買って試していましたが、どれも無駄でした。
本当に臭い人はひたすらに漂白剤です。
温度は絶対に60℃。40℃は完全に殺菌できない。

靴下だけでなく、シャツも同じ。
わきがに悩む人が多いですが、それ本当にわきが?と思うことが多い。
ほとんどはシャツが臭いだけのはずです。
新品のシャツで臭い人が本当のわきが。

シャツもよく着ても5回が限度です。
それ以上は臭くなるので漂白剤に浸けよう。

著者

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人6期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細
生活全般の関連記事

記事一覧はこちら:生活全般

管理人について

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人6期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細