【電気を使わない】職場で足元が冷える時の最強対策の話

パルどう@法人6期目 更新日:2021/11/02
職場で足元が 冷える時の対策

職場は足元が冷える…

工場の事務で仕事していたことがありましたが、
床がコンクリート直なので冷える冷える。
冷え性じゃないのに仕事にならないくらい寒かったです。

自由に電気は使えない。
電気無しでこの足元の冷えをどう対策するか?

1、一番効果があった方法

足元の冷え対策 ダンボール&プチプチの箱に足を入れる

ダンボール&プチプチの箱に足を入れる

工場なので捨てるやつで工夫して作成。
コンクリートで冷えた冷気が来ないので、寒くは無くなりました。
やはり冷気が問題だった。

難点としては、箱に足を入れるので動きにくいこと。
席を離れる時がとても面倒です。
あと、毎朝の掃除のために片付けないといけない。

デメリットはかなり多いですが、足元の冷え対策としては素晴らしい。

2、スノーシューズにする

温かい靴と言えばスノーシューズ

本当はスノーブーツの方が温かいですが、仕事で履くのは無理がある。
スニーカータイプのやつが良いですね。
安全靴が必須なら安全靴タイプもあります。

スノーシューズは暖かさとしては最強。
熱すぎて脱ぎたくなることもあります。
蒸れやすいので脱ぐ時は臭いに注意。

しかし、全く寒くないか?と言えばそうでもない。
これでも足元の冷えを感じる時はあります。
そのため、ダンボールに足を入れたりもしていました。

分厚い靴下と合わせたいので、少し大きめのサイズを買うのがおすすめです。

3、靴下はとにかく分厚いやつが良い

厚ければ厚いほど温かい。

ここは予算に合わせて。
お金があれば雪山登山用やスキー用などの温かいものを。
安いのが良ければスーパーの衣料品売り場を。

とにかく分厚いのが良いです。
スーパーなら「極厚パイル生地!」みたいなのがよくありますね。
それでも十分な温かさです。

極厚な靴下なら二重履きは必要ない。
薄いやつを2枚より、極厚1枚の方が温かいです。

まとめ

足元の冷えは冷気を遮断するのが一番効果がある。
遮断しつつ、スノーシューズと分厚い靴下で対応しよう。

冷たい空気は下にいくので、足元は意外と寒い。
コンクリートな地面だと、気温差は10℃くらいあります。
暖房よりもコンクリートの冷たさがずっと勝ち続けるという。

足元の冷えは我慢してはいけない。
明らかに集中力が下がり、仕事に支障が出ます。
我慢せず、どうにかしよう。

著者

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人6期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細
生活全般の関連記事

記事一覧はこちら:生活全般

管理人について

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人6期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細