【超おすすめ】雑誌を大量に収納するならこれ! &曲がらない保存方法の話

パルどう@法人6期目 更新日:2021/10/20
雑誌を大量に収納

雑誌という保管方法に困るやつ

もったいなくて捨てられないのでどんどん溜まる。
雑誌好きはもう普通の収納方法では無理です。

15年以上やってるこの保管方法でバッチリだ。

1、保管は屋外に防水密閉コンテナで

もうベランダとか庭の屋根がある部分に保管するしかない。
防水コンテナに入れまくっていく。

もはや家の中に保管とかいうのは不可能です。
置けないことはないですが、見た目的に怒られる。
唯一怒られないのは屋外しかないのが現実…

最初は抵抗がありましたが、防水コンテナの性能は素晴らしく、
全く劣化も湿気もなく保ってくれています。
貴重な資料はさすがに止めた方がいいですが、ただの保管なら全く問題無い。

2、一応は乾燥材も入れておく

シリカゲル乾燥剤は念のため入れておこう。

密閉コンテナなので湿度は問題ないですが、
備えあれば患いなし。乾燥剤は入れておこう。
水取りぞうさんはさすがに大きすぎるので、小分けなシリカゲルが良いです。

ただ、こまめに出し入れするなら不要です。
小さなシリカゲルは耐久性がなく、すぐダメになる。
まぁ、このあたりは予算に合わせて。

スペースに余裕があれば新聞紙を入れても良いと思います。

3、安く済ませるなら厚手のビニールに

厚めの90Lくらいのビニールに入れて、段ボールに収納するのも良い。

一番安上がりな方法です。
密閉ではないですが、経験上全く問題ありません。
密閉コンテナは高いので、どうでもいい雑誌はビニールに入れています。
もちろん雨に濡れない場所しかダメです。

注意として、段ボールは耐久性が無い点。
最初はよくても年々変形して崩れていきます。
曲がらないように大事に保管する場合はコンテナに入れよう。

倉庫に平積みするならこんなので十分ですね。

4、曲がらないように保管するなら

本の保管は横積みが基本。
動かないようハンディラップで固定しよう。

縦置きは本が傷み変形もするのでおすすめできません。
横積みで保存しましょう。

横積みはページがくっつくという話しもありますが、
実際に経験したことも聞いたことも無い。
よほど高く積み上げない限りは大丈夫だと思います。

ハンディラップやバンドで固定する際、どうしても当たる部分が変形します。
そのため、要らない雑誌を上下にすると完璧。

まとめ

本は屋外で保存だ。

どうせ読まない。でも捨てられない。
その程度の本は屋外保管をおすすめします。
防水の密閉コンテナに入れておけば問題ない。
15年入れ続けていますが、どれも良い状態を保てています。

皆さんも是非ベランダや庭の有効活用を!

著者

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人6期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細
生活全般の関連記事

記事一覧はこちら:生活全般

管理人について

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人6期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細