【企業に騙されるな】ハウスダストの真の対策はティッシュ(自分の場合の原因)

パルどう@法人6期目 更新日:2021/11/04
ハウスダストの真の対策

ハウスダストの真の原因

検索すると企業が製品を売ろうと必死です。
これはほとんど間違いだと思う。
少なくとも自分にとっては全てが嘘で何の役にも立たない。

ということで、自分の場合のハウスダスト対策、考え方を語りたい。

1、外では大丈夫

ハウスダストの症状は外では起きないので、外の空気は原因ではない

ハウスダストの症状はほぼ家の中で起こります。

「外の空気も悪い!」みたいな情報が多いですが、
自分としてはくしゃみや鼻水の原因ではないのは間違いない。
これは不安を煽る企業の悪い企みだと思う。(花粉や黄砂は別)

家の中となると、次の原因が高くなるだろう。

・細かい繊維
・ダニの死骸
・カビの胞子

ダスキンの調査によると、ハウスダストの大半は繊維だそうです。
そらそうだろう。

ダニの死骸って、本当に主原因なのか?
自分も顕微鏡で埃を見たけど、ダニなんていない。
ダニ=企業の嘘としか思えない。

そもそも、食べるものが無ければダニは増えない。
ちゃんと掃除していれば気にすることはないだろう。

ハウスダストはやはりホコリ

<ティッシュのほこり動画>

細かい小さなほこりはティッシュが原因です

目に見えない埃となると、ティッシュの繊維です。

衣類の繊維は大きいです。
目に見えないような繊維となることはほぼ無いだろう。
ティッシュは粉塵です。こいつは一番やばい。

実際、自分もティッシュのほこりでくしゃみと鼻水が出ます。
自分の場合はティッシュによるハウスダストが主要因。
多くの人がそうではないだろうか?

トイレもやばいですね。
トイレットペーパーの繊維の飛散がとんでもない。
だから、トイレでは鼻水が大量に出ます。

うん、原因はペーパーです。

ティッシュのハウスダスト対策

ペーパーナプキンを使ってください。

よく飲食店である手口拭き用の紙ですね。
これはほとんど埃が出ません。
それでいて1枚ずつ取り出して使いやすい。

難点は硬くて鼻をかむのには適していないこと。
花粉の時期はさすがに鼻が痛くなるので無理です。
そうじゃなければ問題ない。

あとはペーパータオルも良い。

最近はよくトイレにある手拭き用の紙ですね。
これもほこりはほとんど出ません。
買うならシングルタイプにしてください。
シングルならペーパーナプキンとほぼ変わらない使い勝手です。

あとは換気

ハウスダスト対策は扇風機で換気するのが最強

うん、やはり換気が最強。

部屋中のほこりを飛ばして、窓からさようなら。
ブロワーやほこりたたきなどで、徹底的に部屋からほこりを出そう。
全開にした窓に向けて扇風機を風力最大にしたら数分で換気できます。
(もちろん、窓は2か所開けてください)

空気清浄機なんて全くの無意味です。

ほこりはほとんど除去できず、逆に巻き散らかすだけ。
空気清浄機は花粉を減らすことだけを目的にしたほうがいい。
そんな無駄なことをせず、窓全開で扇風機です。

まとめ

ティッシュを使わない。
毎日ほこりを飛ばしての換気。
自分はこの二つでハウスダストの症状はほぼ抑えられています。

ティッシュが日本に登場したのは1950年台。
それ以前はチリ紙を使っていました。
ほぼペーパータオルですね。
ハウスダストの悩みはティッシュの普及で起きたのではないだろうか?
それくらいティッシュのほこりはとんでもない。

ティッシュを止めるだけで良くなる可能性は高い。
是非一度やってみてください。

著者

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人6期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細
健康の関連記事

記事一覧はこちら:健康

管理人について

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人6期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細