【軽量タイプのデメリット】軽いスーツケースの重大な注意点3つ

パルどう@法人6期目 更新日:2021/12/06

軽いスーツケースがいい!

となるとサムソナイトが定番ですが、
最近はプロテカもあったりと選びやすくなった。

軽いスーツケースは素晴らしいのですが、
注意点もあるので説明します。

1、ぺこぺこする

軽いスーツケースは押すと凹む(ぺこぺこする)

軽いスーツケースは簡単に凹みます。

素材がペラペラで、押すとペコペコ。
そのため、ハードケースでありながら荷物を守りにくい。
「凹んでもスーツケースは壊れない」というだけで、荷物は壊れる。

お土産など壊れちゃいけないものを入れるのには適していません。
ほぼソフトタイプのスーツケースと思った方がいい。

2、積みにくい

軽いスーツケースはすぐ凹むので積み重ねに向いていない

スーツケースの積み重ねには向いていません。

どうしても凹んでしまうので、一番下に置くと悲惨なことになる。
ハードケースは積み重ねが利点なのですが、軽量タイプは欠点になるという。
車に積む場合や、ホテルでまとめて運ばれる場合なんかは心配です。

軽いというだけで、デメリットが多いのが現実。
力のある男性であれば、フレームタイプの重いやつを選ぶと後悔は無いだろう。
良いやつはフレームでもそこそこ軽いです。

軽いスーツケースは出張や日常使いに向いているかなと思います。

3、高級感がある

軽いスーツケースは高級感があるので狙われやすい

見ただけで高級とわかるので狙われやすい。

国内旅行であればそう気にすることは無いですが、
海外だと高級感のアピールは危険です。
金持ちと見られて犯罪に遭う可能性が高くなる。

サムソナイトなんかは見ただけでわかるので、個人的には心配。
リモワなんかも恐ろしくて使えない。
その点、プロテカなんかは見た目は普通なので安心できる。

海外旅行目的の場合はこのあたりも気を付けてください。

まとめ

中身を守りにくい点は要注意。

びっくりするくらいペコペコなので、踏んだだけで荷物が潰れる。
衣服だけなら問題ないですが、お土産や食品なんかを入れる場合は注意。
軽いのは素晴らしいですが、なかなかに犠牲も多いものです。

とはいえ、軽いというのは素晴らしい。
ソフトタイプのスーツケースより軽く雨にも強いので、日常使いには最適です。
一つくらいは持っていて損はないかなと思います。

軽いスーツケースと言えばサムソナイト。
こちらの記事で解説していますので是非見てみてください。

サムソナイトのスーツケース仕様比較一覧表と選び方

著者

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人6期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細
サムソナイトの関連記事
スーツケースの関連記事

記事一覧はこちら:スーツケース

管理人について

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人6期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細