パルどう.com マガジン

スーツケースの「高い・安い」の違いの話

パルどう@法人7期目 更新日:2022/11/07
スーツケース 高い・安いの違い
💡チェック!
Amazon表示されている方限定クーポン!
見ておきたい

スーツケースの価格の高い・安いの違い

安物と高級品は何が違うのか?
よくある疑問の一つです。

数千円のものと5万円ほどのスーツケースの違いを解説します。

※アルミニウム製の本体は除外し、プラスチック製のみ解説。

1、本体の素材の違い

スーツケース 高い 安い 違い 本体の材質

高級品は「ポリカーボネート」。
安物は「ポリプロピレン」や「ABS樹脂」

スーツケースは強度が求められるため、
強度が高いポリカーボネートは理想的。
やや値段が高い素材なので、スーツケースの価格も高くなる。

安物は「ABS樹脂」がよく使われています。
強度は高いのですが重たいのが難点。
「ポリプロピレン」は軽いのですが、強度が低いのが難点。

ポリカーボネートとABS樹脂を両方使ったハイブリッド型もありますが、
これも値段を抑える仕様なので安物に使われます。

2、キャスターの違い

スーツケース 高い 安い 違い キャスターの違い

高級品ほど良いキャスターを使っている。

キャスターは見た目は同じですが、ピンキリあります。
高級品はスムーズで音も静か。
安物はただ回るだけの粗悪なものです。

高級品は「静音キャスター」や「サスペンションキャスター」が使われています。
アスファルトを転がしてもガラガラ音が小さく、とても快適。
「キャスターロック」を搭載しているものもあります。

使用感において一番重要な部分でもあるため、キャスターは大事です。

3、内装の違い

スーツケース 高い 安い 違い 内装の違い

内装や仕切り・ポケットは高級品ほど良い。

写真ではわかりにくいですが、実物で見ると差は歴然。
100均とホームセンター日本製くらいに違います。
高級品は分厚くて丈夫な素材で安心感がある。

両面全面ジッパーなんかは高級品では当たり前。
安物は片方がXバンドという最低仕様がほとんど。
ストレス無い収納性は大事なので、自分に合ったものを選びたい。

4、デザインのこだわりの違い

スーツケース 高い 安い 違い デザインの違い

高級品は妥協が無いが、安物は妥協だらけ。

安物は総じて「ダサい」です。
角の補強も後付けしていたり、ロック部が無駄に出っ張っていたり。
色を合わせることもなく、安さにこだわっているのがわかります。
品質も悪く壊れやすいとも言えるだろう。

高級品はこのあたりのデザインに妥協が無い。
色も段差も合わせて洗練されています。
ちゃんと設計しているので必然的に品質も良くなる。

見れば安物か高級品かはすぐわかる。
ブランド物の服を着て、安物スーツケースでは貧乏人丸出しです。

まとめ

安いスーツケースは迷惑になる可能性がある

安物は重たく操作性も悪くうるさくてダサい。

高級品と安物では重量は1kg以上差が出ます。
階段等で絶対に持って歩く場面が出るので、重量が軽いことは大事。
キャスターもガラガラガラ!とうるさいのは迷惑です。
自分だけ安物スーツケースで大きな音立てるのは恥ずかしい。

このあたりは2万円~3万円ほどの高級品を買えば解決します。
特に日本メーカー品は品質も機能性も抜群。
是非こちらの記事を見てみてください。

間違いないスーツケースの4ブランドを語る #おすすめメーカーまとめ

HINOMOTO製の静音ダブルホイールキャスター&キャスターロックを採用しているスーツケースまとめ

💡チェック!
楽天スーパーセール開催中!会場はこちら
楽天で買うなら今!
Amazon関連
スーツケースの関連記事

記事一覧はこちら:スーツケース

管理人について

名前:パルどう
料理もWEBサイトも作り続け20年…
法人7期目。必死に仕事中…

プロフィール詳細

関連サイト
  • parudou
    プログラミング関連の記事